葬儀会場や祭壇の違いについて

親族の葬儀をする際、まずは葬儀にはどのようなケースがあるのかを把握することも大切です。葬儀と言っても人それぞれに様々な形がありますし、使用する会場や祭壇にも様々なものがあります。まず会場に関しては収容できる人数や駅など公共交通機関からのアクセスなどが異なります。親族などのみで行う葬儀であれば親族が入れる小規模の会場でいいわけですし、アクセスに関しても親戚が向かいやすい場所を選べばいいわけです。しかし、多くの同僚や知人などを招くのであれば、会場も大きな規模のものを選んでおかないといけません。

また、様々な場所から弔問客が集まることとなりますので、それに相応しい場所にある会場を選ぶ必要があります。それこそ会社の同僚がメインであれば会社からのアクセスを優先して決めるというケースもあるでしょう。さらに、会場が決まったあとは祭壇を決める必要があります。葬儀業者によっては常設の祭壇が用意してあることもありますが、金額によって祭壇にも差があります。また、それぞれの会場ごとに入る祭壇、入らない祭壇がありますし、適した祭壇などもありますので、業者の方と費用や物理的な事情などを踏まえた上で決めていきたいものです。

故人との最後の別れの時間が葬儀ですから、故人が生前にお世話になった方々にひとりでも多く参列してほしいとの思いがあるならば、とくに会場に関しては吟味しておきたいものです。葬儀業者が自前で持っている会場もありますが、それ以外の会場も予約などで埋まっていなければ借りられることとなります。こういった交渉も葬儀業者が進めてくれますので、特に指定したい会場などがある場合にはその旨を伝えましょう。

ただし、会場は広さはもちろん、その会場の歴史や立地など様々な条件に応じて費用が変わります。さらに様々な制約が設けられていることもありますので、すべての条件を踏まえた上で決めていきたいものです。また、そもそも予約がすでに入っているような場合にも利用はできませんので、まずはやはり業者に相談してみるのがいいでしょう。